ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

ナビゲーションの最適な英表記。ナビゲーションラベルのユーザビリティ

サイトを作る際にかならず出てくる「よく使われる項目」の英表記に関して、どのように記載するのがの、ユーザビリティ的に一番最適なのか、についてです。

日本語サイトを作るのであれば、日本語で書くのが一番いいのですが、あえて英語で書くのなら、何と記載したらいいのか、日本人なら迷うところですよね(笑

ユーザビリティの観点からいくと、他のwebサイトで、一番つかわれている表記が、

「ユーザーが既に慣れている」ので、「見ただけでその意味を理解できる為、ユーザビリティ的にも良い」

という事になります。

それらを考慮して、それぞれの英表記について適切な物を挙げていきます

会社情報のラベリング


会社の一般的な情報がかかれた「会社概要」に相当する部分です。会社概要と日本語で書くのが一番わかりやすと思いますが(笑
これを英表記にしたい場合、

・About 会社名
・About US
・company information

等が、これらがよく使われているようです。上記の表記にしておけば、だいたいの人に「会社概要」だなということが解ってもらえるはず

個人情報保護方針



個人情報保護方針も日本語サイトなら、「個人情報保護方針」と書いてしまうのが一番解りやすいですが、英表記する場合は

・privacy policy

が一般的ですね。

ログイン



ログインをさせることのできるサイトであれば、ログインボタンが必要だと思います。
このログインを英表記するなら

・Login
・sign in
・My Account
・your Account

などが一般的ですね。

お問い合わせのラベリング



お問い合わせは

・Contact us
・Contact
・Contact 会社名

が一番、利用されているようです。


英表記するなら、それぞれ他にも、別の記載の仕方があるかもしれませんが、冒頭でも述べたように、一般的に使われている表記のほうが
「ユーザーが既に学習しているので解りやすい」ですので、今回記載したようなものが「ユーザーが認知している表記」ということになります。
つまり、そのラベリングのボタンをクリックしたら、どの様な内容のページが表示されるか、すぐに想像できると思います。

英表記する際の参考にしてみてくださいな






Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集