ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

googleへインデックス登録してほしいURLを送信する機能がFetch as Googlebotに追加

新しく作成したページや、更新したページを、googleの検索エンジンへ登録してもらうように申請する機能が、「google webmastertool」の「Fetch as Googlebot」の機能に追加されました。

この新機能についての説明は「google webmastercentral blog」に記載があります。
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2011/08/submit-urls-to-google-with-fetch-as.html

使い方は「google webmastertool」の「診断」メニューから「Fetch as Googlebot」をクリック。

登録したいURLを入力ボックスにいれ、正常にgoogle botにサイトのHTMLコード等が取得される事が解ると「取得ステータス」に「成功しました」と表示されます。(ここまでは、いままでの「Fetch as Googlebot」の機能と一緒。)

そして、正常にコードが取得され「成功しました」が出ると、その右隣に「インデックスに送信」というリンクができます
(画像参照)
indexに送信

こちを「インデックスに送信」押すとURLを登録することができます。

ただし、こちらの機能は、緊急な場合(間違った内容のページをアップしていたが、それを修正したので更新してほしいとか)、正常なページなのにgoogleに登録されていないとか、サイトにおけるリリース情報をいち早く登録してほしいとか、そんな場合につかってほしいようです

「ちなみにフツーのページは、フツーに検索エンジンか見つけにいくので、Googleの検索結果にすぐにインデックスする必要があるというニーズが無ければ、特に使う必要はないですよ」byグーグル

というような事も「google webmastercentral blog」に記載がありますので、詳しく知りたい方はみてください。

ちなみにリクエストできるURL数は週50個までだそうです




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集