ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

広告ポスターで使う写真に、最近話題のスカイツリーが写り込んでしまった。

こんな場合、

スカイツリーには著作権があるので、勝手に広告にスカイツリーの写真を利用してはいけないのでは?

とか

スカイツリーの作者に金払うんだろうか?

など疑問に思う事はありますよね。

こういったような町中に存在する建物に関しては、著作権法第46条の2項で定められているようです。

著作権法第46条


美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

【1】彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
【2】建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
【3】前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
【4】専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合

要するに


これは、簡単にいってしまうと「その建物をそっくりそのまま複製して、同じような建物をたてちゃった、とか、その建物を販売した」とかは禁止されていますが、それ以外は、基本的には利用できるということになります。

ですので、「スカイツリーという建物が写り込んだ写真をポスター広告で利用する事は可能」という見解になるようです。それ以外にも、勝手にスカイツリーのジオラマつくりたいとかもOkという事になるようです。

また今回の場合のポスターに使いたい写真が、スカイツリーだけを撮影したものではなく、スカイツリーの建物が写り込んでいる風景写真だった場合(写真の隅っこに小さくスカイツリーが写り込んでいたとか)、風景そのものには著作権は発生しないようです。

建物の著作権



補足ですが建物の著作権に関しては「建物の著作権があるのかないのか」議論が分かれるところのようで、簡単にいってしまうと、著作権をつけるかどうか、法律の専門家の方々でも、色々な意見があり、「建物の著作権があるのかないのか断定できない」というのが現状のようです。

一般住宅のようなものに著作権などがついてしまうと、多くの家はだいたい似たり寄ったりの形してますので、著作権侵害ということになっちゃったりしますよね…。

そんな訳で、一般的な家などに著作権はないようですが、寺院や仏閣などの様な歴史的建造物とか、アート性の高い建物などは特別に著作権物として認めるかどうか、その認める際の、境目、基準は何か、等で議論が分かれるようですね。

------------------
*本記事の法律的な見解は、あくまで参考程度としてください。こちらの記事内容は、合法性、違法性を保証するものではありませんので実際に記載の内容のような問題がある場合は、法の専門家の方に相談するなどしてください。
こちらの記事に従い、デザイン等諸業務を行った場合でも、責任はデザインを行った側に発生いたします。
------------------





Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集