ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

サイトを作るときのgoolgeウェブマスター向けガイドライン

サイトは各社千差万別。

サイトをつくる会社によっても、人によっても技術や知識もバラバラで結局何を基準につくればいいのか悩んだときは、

オススメしたいのは

googleのウェブマスター向けガイドライン ↓↓↓

http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35769&hl=ja#1


何か特別な事が書いてある訳ではないので、
ちょっと知識の高い方ならだいたい知っていることかもしれませんが、
一番基本的なことを押さえているガイドラインであることは確か

結局のところ、
サイトを作った場合、現状では検索エンジンに対して親和性のあるサイトになることが、どんなサイトであっても必要な事なので、検索エンジンをつくっている会社が推奨しているガイドラインに乗るのが一番ではないかと

特に
「や古くさいSEO関連の本」
などを参考しているかたは、こちらの
「品質に関するガイドライン - 具体的なガイドライン」
という箇所は注意しておく必要がある

------------------------------------------------

* 隠しテキストや隠しリンクを使用しない。

* クローキングや不正なリダイレクトを行わない。

* 自動化されたクエリを Google に送信しない。

* コンテンツに関係のないキーワードをページに記載しない。

* 複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開しない。

* フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、不正なソフトウェアのインストールなど、悪質なページを作成しない。

* 検索エンジン用の誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテンツがほとんどないアフィリエイト プログラムを使用したりしない。

* アフィリエイト プログラムに参加している場合は、サイトを訪れるユーザーにとって価値のある内容であることを確認する。独自性や関連性があるコンテンツを提供して、サイトにアクセスする目的をユーザーに提供します。

------------------------------------------------

早い話、健全に、正しくページをつくってくれということになるが、上記のような箇所に抵触していると検索エンジンからペナルティを受けてしまう可能性があるという事になる





Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集