ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

コンテンツマーケティングの意味・意義とは?

コンテンツマーケティングとは?



コンテンツマーケティングとは、企業が、コンテンツ(特に、自社サービスに関連する情報)を媒体にして、顧客とコミュニケーションするマーケティング手法の事です。

とくに、価値ある情報を顧客(見込み客)に提供して、提供者側の利益につながる行動を引き起こさせたり、読者の関心を引き寄せ、ブランド力、ロイヤリティを向上させる事を目的に行う場合が多いとされています。

文章で説明されても良くわからないですよね。(・ω・`)

コンテンツマーケティングの具体例は?



例えば、自社の商品紹介などを単純にサイトに掲載するわけではなく、自社の商品、サービスにまつわる、ちょっと面白いコンテンツなんかを提供している会社は、コンテンツマーケティングをしている、と言ってもいいかもしれませんね。

例えば、前田建設ファンタジー営業部さん
http://www.maeda.co.jp/fantasy/

建設という自社のサービスの特徴を活かして、漫画やアニメにでてくる空想の建造物を見積られています。

・建設という自社サービスを活かしているけど、自社サービスの説明ではない
・面白い内容でお客を惹き付け → ソーシャルの世界で拡散
・外部の出版社などに頼まず、自社で情報を発信

このようなサイトは、「コンテンツマーケティング」と言えるかもしれないですね。

どのような意義でコンテンツマーケティングを行うか?



コンテンツマーケティングの成果を数値で計っていくのはなかなか難しいことです。
直接商品説明するわけではないですし、それらの発信したコンテンツが、商品の売上どれだけ貢献しているかもちょっと計測しずらいですよね。

コンテンツマーケティングが、どれだけ本業に貢献するのか?
そんな事を数値で計ろうとするのは難しいことです。

以前、コンテンツマーケティングに取り組まれていた方と話をした際には、特にスタートさせる始めのうちは特に大変。だそうで、(盛り上がってきてしまえばいいんでしょうが)

おもしろいコンテンツでないと、顧客(見込み客)はおもしろがってくれないし、かといって本業サービスにどれだけ売上貢献しているかは、良くわからない。
なんて事になると、頓挫しちゃうようですね。

個人的には始めのうちは、単純ですが「SEO対策の為にやる!」とかにしておくと、スタートしやすいかもしれません。

googleの検索エンジンは、
「より良いコンテンツを上位に表示させる」という設計ですので、ユーザーに面白いと思ってもらえるより良質なコンテンツを作る、というのはSEOにいいんだよ!
なんて単純な理由で、コンテンツマーケティングをしてみるのはどうでしょうか。

なので、非常に単純なことですが、

・そのサイトのページビュー
・ソーシャル上で拡散された量
・自然検索の順位など
・そのサイトからの、自社サービスのコンバージョン(本来ここが欲しいところ!)

などのKPIで、まずは、がんばってみるという事になります。
(マーケティングなどを担当されている方は、難しい数値などをだしてみたくなると思いますが、、本当は本来のサービスへの貢献が欲しいところですが、なかなか難しいので、とりあえずアクセス数等を追ってみるという事ですね。)

根気づよくつづけながら、盛り上がってしまえばあとは、拡散されていく。というような簡単な考え方で、始めのうちは進めてみた方がやりやすい。

とおっしゃってました。



Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集