ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

HTML5でよくなるところ。文章構造が明確に

最近話題になり始めた

HTML5!

webの制作者には気になるところですよね?

いままでのHTMLとなにが違うのかという点ですが、

こんな風に考えていただけるといいと思います


■「HTML文章の、意味による分類が進み、検索エンジンなどに対してページの意味をよりわかりやすく伝える言語になった」

例えば HTML上の先頭のほうにくる「ヘッダー」「フッダー」

現在はHTMLを利用するときは

<div id=”header”>


とか

<div id=”footer”>


みたいな感じでCSSやらHTMLやらで作っているのではないかと思います

しかしHTML5では

<header>



<footer>


という要素があたらに加わり、<div id=”footer”>のかわりに<footer>と書けばよくなるのです。

これは、検索エンジンなどにとっては、文章をとっても理解しやすくなることになります。

例えば、

<div id=”footer”> だと検索エンジンは

「divについているcssの記載のIDに「footer」という名前が付けられている」

というように理解して、終わってしまいますが

HTML5で

<footer>

と書かれていれば、

「HTML文章の最後の方のフッター部分がを書いているんだなー」と、フッダーという文章の意味(HTMLの最後の方の文章)ということを理解してくれることになるのです。

検索エンジンにとっては、HTMLの文章の意味が理解しやすくなるのですね






Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集