ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

WEB制作を効率化させる、国際標準バナーサイズ

インターネット上の広告のほとんどを占める、バナー広告。

このバナーは、各webサイトの、広告表示枠によって、サイズが異なりますが、このバナーのサイズには、実は「国際標準規格のバナーサイズ」というものがあります。

実は大手の企業が運営するポータルサイトなどは、この国際標準規格のバナーサイズを使っている場合がほとんどですので、皆さんも目にしているはずです。

サイトの制作、バナーの制作などで、サイト毎に広告バナーのサイズがまちまちだと、それに合わせて、無数にバナーを用意しなければならなくなってしまいますよね。

広告バナーに、サイズの標準が定められていた方が、広告画像の提供側と、広告スペースの提供側にとって、双方にとても効率的になるはずですよね。

新しくサイトを作成する際(そのサイトが広告収入を得たい場合は特に)このバナーサイズを基準にして、サイトの横幅サイズ等を決めていくと、効率的で、更新の楽なサイトが出来上がるかもしれません。

ここでは、そのサイズの一覧を掲載しておきます。

国際標準バナーサイズ



■Rectangles and Pop-Ups

横300px 縦250px (Medium Rectangle:ミディアムレクタングル)
横250px 縦250px (Square Pop-Up:スクエアポップアップ)
横240px 縦400px (Vertical Rectangle:バーティカルポップアップ)
横336px 縦280px (Large Rectangle:ラージレクタングル)
横180px 縦150px (Rectangle:レクタングル)
横300px 縦100px (3:1 Rectangle:3:1レクタングル)
横720px 縦300px (Pop-Under:ポップアンダー)



■Banners and Buttons

横468px 縦60px (Full Banner:フルバナー)
横234px 縦60px (Half Banner:ハーフバナー)
横88px 縦31px (Micro Bar:ミクロバナー)
横120px 縦90px (Button 1:ボタン1)
横120px 縦60px (Button 2:ボタン2)
横120px 縦240px (Vertical Banner:バーティカルバナー)
横125px 縦125px (Square Button:スクエアボタン)
横728px 縦90px (Leaderboard:リーダーボード)



■Skyscrapers

横160px 縦600px (Wide Skyscraper:ワイドスカイスクレーパー)
横120px 縦600px (Skyscraper:スカイスクレーパー)
横300px 縦600px (Half Page Ad:ハーフページAD)



誰が策定したのか?


ちなみに、
このサイズはどこの誰が勝手に決めたのか
と以前、疑問に思っていたのですが、米国のIAB(Interactive Advertising Bureau)という団体が、策定をしています。

IBAのガイドラインはこちら(英語)
http://www.iab.net/iab_products_and_industry_services/508676/508767/ad_unit


実はこの規格は2年毎に、その時のwebサイトの傾向を調査して、見直されるようになっており、2011年に下記のサイズのバナーは標準サイズから削除されました。

削除されたサイズ↓------------------

横250px×縦250px(スクエア・ポップアップ)
横240px×縦400px(縦レクタングル)
横336px×縦280px(ラージ・レクタングル)
横300px×縦100px(3:1レクタングル)
横720px×縦300px(ポップ・アンダー)
横468px×縦60px(フルバナー)
横234px×縦60px(ハーフバナー)
横120px×縦90px(ボタン1)
横120px×縦240px(縦バナー)
横125px×縦125px(スクエア・ボタン)
横120px×縦600px(スカイスクレイパー)
------------------

ですが、IABの標準から削除されたからといって、世の中から、すぐに無くなる訳ではないですので、削除された上記のサイズも、一応知っておくと良いのではないかと思います。

ちなみに、新しく追加されるかもしれない広告の基準サイズは、下記のページに記載されています。

http://www.iab.net/iab_products_and_industry_services/508676/508767/ad_unit/risingstars#2

・970×250のリッチメディア枠
・300×600の枠を縦方向にスライドしてつなぎ合わせ、最終的に300×3000のサイズになる枠
・270×1050の枠をいくつかに分割して広告を表示

などなど、ブロードバンドや機器の進化に合わせて、大きな枠が新規格サイズとして候補に挙がっています。(今後、実際にネット上で検証された後に、本採用?されます(国際標準にするかどうかきまります)








Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集