ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

googleアナリティクスのセッション数とは?

googleアナリティクスにはセッションという単位が出てきます。

ページビュー数などと並んで表示されている数字ですので、なんとなく

「サイトに訪れた訪問者の数に関連した数字」

を表しているのではないかと想像はつくと思いますが、正確なセッション数の定義とは何でしょうか?

アナリティクスのヘルプページにも記載がありますが、ちょっと解らずらいかもしれませんね。

http://www.google.com/support/googleanalytics/bin/answer.py?hl=ja&answer=33073


セッションとは、

サイトに訪問した人が、サイトを見始めてから(=「サイトのデータが入っているサーバーに接続し始めてから」)行う一連の「操作、処理」の事を言います。

「サイトにユーザーが訪問し、色々なバナーをクリックして、色々なページを閲覧し、その後、他のサイトに行ったり、サイトを閉じるまで」
の一連の操作がひとつのセッションになります。

ですので、セッション数が「3」である場合

「サイトにユーザーが訪問し、色々なバナーをクリックして、色々なページを閲覧し、その後、他のサイトに行ったり、サイトを閉じるまで」

のような一連の動作が、3回行われたということになります。

また、googleアナリティクスの定義では

http://www.google.com/support/googleanalytics/bin/answer.py?hl=ja&answer=33073

「ユーザーが30分間サイトで操作を行わないとセッションが終了します」とありますので、サイトを開いたまま、30分以上サイトを開きっぱなしで、サイトに何もしない状態がつづくととセッションが途切れます。

セッション数とページビュー数の違い



このセッション数に対して、ページビュー数というのは、単純にページがみられた回数と考えてください。
例えば

「サイトにユーザーが訪問し、3回バナーをクリックして、3ページを閲覧し、その後、他のサイトに行った」

上記の場合セッション数は「1」ですが、

ページビュー数は
「3ページを閲覧し」とありますので、ページビュー数は「3」となります



Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集