ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

IT用語、コンピューター用語で使うイースター・エッグ とはどの様な意味の言葉でしょうか?

イースター・エッグは、コンピュータのソフトウェア等に、開発者が隠していた本来の機能や目的とは無関係の「メッセージ」や「画面」で何らかの操作をした際に表示されるものです。

そのソフトウェアを開発した人たちの「ジョーク」や「ユーモア」といってもいいかもしれませんね。

だいたいのイースターエッグは、開発スタッフの名前の一覧などが、ある特殊な操作をすると表示されたりす事が多いです。(ゲームクリア後や、映画の終了後のスタッフロールに似ています)
ですので何か役に立つ情報という訳ではありませんので、イースターエッグはべつに見なくても、何ら本来のソフトウェア操作においては問題ありません

良く知られているところでは、マイクロソフトのMicrosoft Excel、Internet Explorer、Visual Basic、アドビの Photoshopなどがありました。

ちなみに、このような隠されたメッセージを「イースター・エッグ」と呼ぶ由来は、キリスト教の復活祭の際に、イースター・エッグ(装飾した卵の事)を、あちこちの場所に隠して、子供たちに探させる遊びから来ています




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集