ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

「Aさん」がポスターをデザインしてみたら、他の人、「Bさん」が作ったものと、偶然にもそっくりなものだった。

この場合、著作権は、どの様になるのでしょうか?

本当に真似したものではなく、偶然にも、そっくりなものが出来上がってしまった場合は、「Aさん」「Bさん」両方に著作権が認められます。

著作権は、そもそもつくった時に自然に発生しますので、(どこかに登録などする必要はないのです)理論上、AさんBさんのデザインのように、同じような物が複数、この世に存在していても著作権の観点からは「OK」という事になります。

ただし、

「本当に偶然だった場合に限りOK」

ですので、実際は真似した、という事実があった場合は、著作権はみとめられないようです。
(故意に真似した側は民事上の問題となったり、刑事罰をうけたりする対象になり得ます)

また著作権ではなく商標権、意匠権や特許等は、登録申請をしないといけません。これらは先願制ですので先に登録した人のものになります。

ですので、偶然同じものをつくった場合でも、他の人が同様のものを先に登録申請していたら、認められないということになります。


------------------
*本記事の法律的な見解は、あくまで参考程度としてください。こちらの記事内容は、合法性、違法性を保証するものではありませんので実際に記載の内容のような問題がある場合は、法の専門家の方に相談するなどしてください。
こちらの記事に従い、デザイン等諸業務を行った場合でも、責任はデザインを行った側に発生いたします。
------------------




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集