ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

検索ボックスのユーザビリティ

検索ボックスに関してのユーザビリティを紹介しておきたい。

検索ボックスで注意すべき点をユーザビリティの大家のヤコブニールセンの意見を参考に箇条書きにしてみた

【1】
検索ボックスは基本的にはサイトの全てのページに設置して、ユーザーが見ているその場で(ページで)直接質問ができるようにする。
基本的にどこのページからユーザーがおとずれるか解らないが、検索ボックスがないと調べようとするユーザーは検索できないサイトなのかと思い離脱する可能性がある。

--------------------------

【2】
検索ボックスの幅を十分に広くとり、ユーザーがそのサイトで標準的な質問をした場合、それらの質問がすべて入る幅である事がのぞましい。全角で15文字分ぐらいは欲しいところ。

これは、やたらと幅の狭い検索ボックスをつかってみれば、誰でも実感できるはず!

--------------------------

【3】
基本的にはデフォルトの状態で、サイト全体が検索対象となるようにしておく。またサイトに設置した検索ボックスで、あなたのサイト以外のインターネット全体を検索できるような(googleだのyahooだのといったものと同じ機能)のものを設置しないようにする。

あなたのサイトに訪れたユーザーは、あなたのサイトを検索したいのであって、あなたのサイト以外の検索結果はその時点では知りたくない人が多いはず。
さらに、もしも、googleのようなネット全体の検索をしたいのであれば、googleに行くはずです。

--------------------------

【4】
基本はシンプルな検索機能を提供するべきで、googleの「検索オプション」のようなものは、高度な検索それ専用ページなどを用意して、そちらにリンクを貼るようにしたり、もしくは検索結果のページでより、高度な検索や、絞り込みなどができるようにしてあげるとよいだろう。
基本的に検索結果で何らかの結果がでないとどのように絞り込もうなどの考えもつかない場合なども多いので、1番初めにつかわれるであろう検索はシンプルなものでよい




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集