ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

301か302か SEOに効果的なリダイレクト方法はどっち?

SEOに有効なリダイレクト設定は?


サイトのリニューアルの際などで利用するリダイレクト。

できれば以前のサイトの評価をそのままあたらしいサイトにも引き継ぎたい。

そういった場合のリダイレクトの手法を紹介します


リダイレクトは大きく分けるとこの2つの種類があります。

・301リダイレクト

・302リダイレクト

301リダイレクトとは、永久的なリダイレクトを意味し、302リダイレクトは一時的なリダイレクトを意味しています。



301リダイレクトとは?


リダイレクトをする際に、意識する事は検索エンジンがリダイレクトをどのように読み取るか?

ということです。

リニューアルであれば以前のサイトの評価を新しいサイトにも引き継ぐようにするため、

検索エンジンに、

「以前のサイトを新しくしてリニューアルしましたが、基本的には同じサイトですから。以前のサイトと同じ評価を新しいサイトにもしてください!」

ということを検索エンジンに「理解してもらう」必要があります。

この理解させる際の判断材料になるのが



・301リダイレクト

・302リダイレクト

ということになるのです。



301リダイレクトとは、永久的なリダイレクトを意味しています。



それは、以前のサイトにリダイレクトをかけて新しいサイトへいくように301リダイレクトとして設定したとすると、

検索エンジンは

「以前のサイトはもう復活することはなく、以前あったサイトは完全に新しいサイトの方へ移行するんだな、だったら以前のサイトのSEO的な評価をあたらしいサイトへ移してあげよう」

と思ってくれるのです。


ところがリダイレクト設定を302(一時的なリダイレクトをあらわす)で行ってしまった場合、こちらは


検索エンジンは

「以前のサイトはから新しいサイトへリダイレクトしているけれど、一時的なリダイレクトだから、以前あったサイトはそのうちまた復活するから、以前のサイトのSEO的な評価は新しいサイトへ移行するのはやめておこう」

と思ってしまうのです

つまりリニューアルなどをして302リダイレクトをかけっぱなしにすると、

ずーと、新しいサイトは以前のSEOの評価を引き継ぐことなく、いわゆるゼロの状態から再度スタートという事になってしまうのです。

ですので、SEOを考慮したリダイレクトは「301」で行ってください。







Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集