ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

初めてコンピューターウィルスをつくった人物です

Robert Tappan Morris(ロバート・タッパン・モリス(モーリスとも))という人物をしっていますでしょうか?

この人は今じゃ当たり前になってしまった、コンピューターウイルスを、初めてつくった創始者?です。

世界にネットを普及させた40人の革命家という記事がライブドアにでておりその中にいたので、今回書いてみました

現在、Robert Tappan Morrisは、マサチューセッツ工科大学の准教授でなんだそうです。
そもそもお父さんはロバート・H・モリスという暗号学者だそうで、アメリカ国家安全保障局のチーフ・サイエンティストなんだそうで、

そりゃ「ウイルスぐらい作れちゃうよな」というお家のご子息ですね。

このモリスが犯罪を犯した(ウイルスつくった)のは1988年11月2日だそうで、この日に世界で初めてのコンピューターウィルスをコーネル大学で解き放ちました。

モリスワームというそうです

そして、1989年7月26日、コンピュータ詐欺および不正使用取締法違反で、告発され3年間の保護観察などの判決を言い渡されたそうですね。

現在は会社などをされているとか。

あ、 ウェブディレクターとして「ロバート・タッパン・モリス」なんてのは必要な用語ではないかもしれません…

まあでもしっていると、ちょいとした雑学に…自慢できるかもしれませんね




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集