ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

グーグルアナリティクス(googleanalytics)利点と短所


世の中には様々なアクセス解析ツールがでていますが、とりあえず何でも良いから自分のサイトのアクセス解析(ページビュー数などを)みてみたいというのであれば、グーグルアナリティクス(googleAnalytics)をお勧めします




グーグルアナリティクスの利点はなんといっても


「無料」で「高機能」であることです。


無料のPV計測ツール等は、例えばブログであれば始めから管理画面についていたり、たはまた、AccessAnalyzer、忍者ツールズ、FC2 アクセス解析なんていうものなどもありますが、



それらより断然機能が高いのがgoogle analyticsです。


それはページビューがとれるとか以外にも、

たとえば特定のAページというページから Cという特定のページまでどのような経路をたどっているのかとか


毎日の計測のなかである日突然PVが増えたりするとお知らせしてくれたりとか、


もしもgoogleadsenseやリスティング広告なんかを使っていたりする場合はそれらの計測データと結合してデータをだすことができたり、


そのほか「モバイル」の計測にも対応していたりと、


他の無料ツールにはない高機能ぶりです。







自分のサイトへどこの国の人がアクセスしてきているのか等を調べることもできる。

さすがグーグル!


そのようなわけで、


アクセス解析などに特別お金をかけれない中小企業さん、そもそもネットで商売している訳ではないけど、とりあえず自分のサイトの計測データをみてみたいという企業さん、あとは個人の方など

断然おすすめなのがグーグルアナリティクスというわけです。


ちなみに、もともとは、高価なASPとして提供されていたアクセス解析のUrchin(アーチン)というものをグーグルが買収し、更に使いやすく進化させて、しかも無料で提供ををしているものなのです。


というグーグルアナリティクスですが、


一応、短所?もありますので下記にあげておきます


•月に500万PVまでしか計測できない


(500万PV自体は結構な量なので、ある程度トラフィックのあるサイトでなければ500万PVというのは行かないかもしれませんが、それ以上になると参考値としてのPV数がでてきます。ただしその参考値もだいたい正しい値がでてくる場合が多いようです)


•グーグルさんのサーバーにアクセス解析データが貯蓄される


googleさんに悪用されるなんてことはないですが、一応他社(グーグル)のサーバーに自分のサイトのアクセス解析データがいってしまうのが嫌なようでしたら、お金を払ってべつの解析ツール、データの守秘をうたってい解析ツールを利用するのがよいです





Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集