ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

zencart ログインフォームの入力項目は、通常インストール状態のままだと、生年月日、会社名、FAXなどあまり必要のないような情報などが必須項目として入ってしまっています。

顧客データをとる場合などの目的として以外は、生年月日などは、あまり意味がないですし、ドロップ率などもあがってしまうようなきがしますよね。

これらの項目を削減する場合の方法


-----------------------------------
一般設定>顧客アカウントの設定
の中から、

•生年月日
•会社名
•Fax番号
•住所2

などを「false」設定する。
これで上記のあたりの入力項目は消える事になります。

-----------------------------------

電話番号などの項目


もしもダウンロード販売などを行う場合は、電話番号などにかんしても必要なくなる場合があります。電話番号などは、「顧客アカウントの設定」にはないため、上記以外の方法で電話番号などの項目を、できるだけphpなどをカスタマイズせず行う方法を紹介します。

-----------------------------------
一般設定>最小値の設定
より、

電話番号の最小文字数を「0」もしくは、バージョンによっては何も入れないようにします。

これにより、ログインフォームには項目はでていますが、入力しなくてもOKなようになります。

同様に住所などの部分に関しても、同様のことができるようになります。

ただし、入力しなくてもOkになりますが、表示上で必須項目の「*」がでてしまっていますのでこれを消す必要があります。

こちらの消し方ですが、

includes/languages/japanese.phpの

-----------------------------------
こちらの記述を
define('ENTRY_TELEPHONE_NUMBER_TEXT', '*');

↓↓

define('ENTRY_TELEPHONE_NUMBER_TEXT', '');

に変更(「*」を消す)
-----------------------------------
これで必須項目の「*」を消す事ができます

その他の住所などの項目も、このような形で必須項目ではない状態にする事ができます。




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集