ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

APIを使ってyahooニュースの特定のカテゴリの記事のタイトル取得

記事を取得


yahooニュースの記事のタイトルを、自分のサイトに内に表示させたい、なんて事はありませんか?

ポータル系のサイトなどをつくっていれば、関連する記事などが表示されると、コンテンツもなんか華やか?になってきますよね。

今回はyahooのAPIを利用してyahooニュースの記事のタイトルをサイト内に掲載する方法について説明していきます。


yahoo デベロッパーに登録


yahooニュースを掲載する為には、Yahoo! JAPAN Web API を利用するので「yahoo デベロッパーに登録してアプリケーションIDを取得」する必要があります。
このyahoo デベロッパーのアプリケーションIDというものを持っていないと、Yahoo! JAPAN Web APIは利用できません。

まずは、下記のサイトからyahoo デベロッパー登録をおこなってください。

https://e.developer.yahoo.co.jp/webservices/register_application

webAPIのページから利用するコードを見つける


yahoo デベロッパーのサイトにはニュースのインデックスなどを取得して表示させるためのAPIが用意されています
今回利用するのは「トピックス見出しアーカイブ」というものを表示するAPIを使いますが、そのAPIコードとその説明を記載しているページがこちら↓

http://developer.yahoo.co.jp/webapi/news/news/v1/heading.html

基本はここの情報に添って、作成していくことになります。

yahooのニュースを取得するコードのサンプル


ここでは
2010年1月からの日本の歴史に関するトピックスを出力するように記載してみました。



サンプルコード -----------------------
<?PHP

$apiid = "自分のIDをいれてね";

$topicname = "japanese_history";
// 日本史なのでトピックスは「japanese_history」をえらびます。
ヤフー日本史ニュースのURLの「http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/japanese_history/」の末尾の「japanese_history」が日本史を意味しています。
同様に、ご自分でとってきたいニュース上記のような形でしらべ、対応するトピックスの分類名をいれてください


$startdate = "201001100000";
//見出しがYahoo! JAPANトップページに掲載されていた期間の指定です。
「yyyymmdd0000」で開始時刻(始期)を指定します。
今回の例の場合201001月からのデータを取得意味しています

$url = "http://news.yahooapis.jp/NewsWebService/V1/heading?appid=".$apiid."&topicname=".$topicname."&startdate=".$startdate;
$xml = simplexml_load_file($url);

?>

ここまで -----------------------

上のサンプルの記載をphpファイルで保存してサーバーにアップしてみていただくと
↓の感じの物が表示されます。

yahooニュースでニュースの記事タイトル(トピックス見出しアーカイブ)表示させたサンプル






Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集