ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

パンダアップデートとは?

SEOに興味のある人なら聞いた事ある「パンダアップデート」。

「パンダアップデート」は、検索エンジンの最大手のGoogleが実施している、「検索アルゴリズムの一連の改善」のことです。

ちなみに、「パンダアップデート」とは、正式な名称ではなく、コードネームです。
どうやら、検索エンジンの改善プロジェクトのエンジニア一人がパンダというあだ名だったからつけられたとか。(嘘か本当かわかりませんが)

この「パンダアップデート」は、2011はじめ頃から始まり、しょっちゅうアップデートを繰り返していますので、アップてデートの詳細な中身は、それぞれ調べて頂くとして、ここでは「パンダアップデート」の概要を解説しておきます。

大雑把に言ってしまうと「パンダアップデート」は、無理矢理なSEO対策をしているサイトや、googleガイドラインから外れたサイト、googleの検索エンジをつかっているユーザーに有益ではないサイトを、検索結果から排除していき、ユーザーにとって有益なサイトを表示していこう、という主旨のもとに行われている検索エンジン改善です。

そのためコンテンツファームと呼ばれる様な、SEO対策用に他のサイトをコピーしたサイトなど、ユーザーにとっては有益ではないようなサイトがこのアップデートによって排除されている傾向にあります。

ちなみに「パンダアップデート」は日本語にはまだ対応しておらず、まだ日本サイトには適用されていないのではないか、というような事もいわれています。
2012年時点でまだ、googleが日本に「パンダアップデート」をしたと公式表明もないですね。
ですので現時点(2012年2月)で日本語サイトに対して「パンダアップデート」の適用があるかどうかは不明です。
*基本的にしていないという見解が多いようです。

ただし、「パンダアップデート」がどうこうという以前に、無理矢理なSEOなどをgoogleは以前から嫌っていましたので、「きちっとした中身のあるサイト」をつくる、という事を徹底しているサイトには「パンダアップデート」は基本的には問題ないはずです。

逆にブラックハット的なSEOをしていたサイトは、「パンダアップデート」でなくても、除外される可能性はあります。




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集