ウェブディレクション ユーザビリティ SEO アクセス解析 デザイン制作 システム webapi使い方サンプル 見本になるサイト

ペナルティを受けたかどうか調べる方法をいくつか紹介

「ある日突然検索結果に自分のサイトがでなくなった!」

グーグルのペナルティをうけたかな
とおもった時の調べる方法


【1】フィルタ

1. いままで出ていた「キーワード」でしらべる

2. allintitle:キーワード
(キーワードをすべて含むページを検索。)

3. allintext:キーワード
(本文にキーワードをすべて含むページを検索)
 
4. allinanchor:キーワード
(本文にキーワードのアンカーテキストを含むページの検索)

2、3、4の順位に比べて1の順位が異常に低い場合は、過剰SEOスパムペナルティを疑う必要あり。


【2】ペナルティをうけたと思われる「キーワード」で検索し、その結果のURLに「&filter=0」をつけて再度検索する。

「&filter=0」は、

同一サイトの3ページ目を検索結果に出さないクラスタリングを解除するというもの。
いわゆる、同一サイトの似ているページは、本来の検索結果で表示されるはずなのだが、同一さいとのものである為、3ページ目以降は、表示をしないようにされている。

(3ページ目以降表示しないようにしないと、同じサイトのページが上位を独占なんて事もあるため)

このフィルタを解除して、本来検索した場合にでてくる、検索結果を表示させるのが

「&filter=0」である。

&filter=0をつけた表示で順位が上がっている時は、フィルタによるペナルティではなく、アルゴリズム変更による順位下落の可能性がある。

また重複コンテンツとして(各サイトに同じ内容があるため、順位を下げられる、または消される)検索エンジンに認識されている場合は、
このフィルター解除をつけると表示される場合がある。

&filter=0は、クラスタリングを解除するものなので、本来検索結果は増えるはずで、そのため、Googleが正常なら、出てくるページが増えて順位が下がる方が正しい。

しかしながら
「&filter=0をつけたらページ順位が上がったとか、まったくでてこなかったのが、出てくるようになった」

という場合は、フィルタリングにより重複コンテンツと判定されてでなくなったか、フィル以外のアルゴリズムで順位をさげられたかを疑う必要がある




Yahoo!ブックマークに登録     
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料素材イラストダウンロード
今週のピッアップ記事
ウェブディレクターズスタッフブログ

メルマガ購読・解除
 
webディレクターズリンク集